口コミ・評判 行政書士講座

フォーサイト行政書士講座を評判・口コミと合わせて徹底レビュー!

悩む人
フォーサイト行政書士講座が気になっている。安いしカリキュラムも良さそう。でも受講してよいものか悩む。

フォーサイトの行政書士講座は格安ながら質が高く好評ですので、受講を検討している方は多いのではないでしょうか。

しかし、「本当にフォーサイトの行政書士講座だけで合格できるのか?」と疑問をお持ちの方も多いと思います。

フォーサイトの行政書士講座は予備校の講座としてはかなり安いほうですが、独学に比べれば高額ですから、講座に関してなるべく正確な情報を把握した上で購入を決めたいですよね。

そこで、本記事ではフォーサイトの行政書士講座を実際の評判や口コミもチェックしつつそのメリット、デメリットを紹介していきたいと思います。

フォーサイト行政書士講座の特徴


フォーサイト行政書士講座の特徴をまとめると以下の通りです。

受講料 54,800円(バリューセット1)
合格率・合格実績 38.0%(2021年度)
テキスト フルカラー・図解イラスト多め
講師 福澤繁樹講師(講師歴20年以上)
講義時間 約47.5時間(入門講座+基礎講座)
オンライン学習環境 eラーニングシステム「ManaBun」
質問・フォロー制度 「ManaBun」から質問可能(回数制限あり)
合格保証・返金制度 全額返金保証制度
割引制度 ダブルライセンス割引
教育訓練給付制度 利用可能

合格点主義で最小効率で合格ラインに達成可能

フォーサイト行政書士講座は安い受講料ながら合格率が高く(38.0%)、質の高いカリキュラム、学習環境、そして不合格時の全額返金制度に定評があります。

本講座の特徴は、満点を取りにいく学習ではなく、合格点を取りにいくカリキュラムであり、短期合格を目指しやすいという点です。

上記の通り、実際に公式サイトの合格体験記における勉強時間や勉強期間を見てみると、平均より短い4ヶ月~5ヵ月や400時間~500時間程度で受かる人も少なくないことがわかります。

行政書士試験は試験範囲が膨大であるため、手を広げず、合格に必要な試験範囲のみをしっかり勉強し、合格ラインに乗せることが大事です。

フォーサイトなら無駄のないカリキュラムでしっかり合格ラインを超えることができるでしょう。

⇒フォーサイト公式で合格体験記をチェック

バツグンに記憶に残るテキスト

フォーサイトのテキストカラフルなフルカラーで図解多め。

とにかくわかりやすさを追求した作りとなっており、初学者でもスイスイ読めます。

合格に必要な知識に絞ってますので、無駄なく、効率的に合格する上で必要な知識が身に付くでしょう。

eラーニングシステム「ManaBun」でスキマ学習

フォーサイトでは、コスパが良く、質の高い教材に加え、独自のeラーニングシステムである「ManaBun」にてオンライン学習が可能です。

「ManaBun」により、パソコンやタブレット、パソコンなど持っているデバイスにて、いつでも、どこでも勉強ができます。

講義の視聴だけでなくテキストの閲覧もできるため、外出先でも分厚い教材を持ち歩く必要がありません。

普段忙しくて外出や移動が多いという人でも、「ManaBun」によりスキマ時間を活用してカリキュラムを効率的に進めることができるでしょう。

このように、徹底的に効率化された教材、カリキュラム、学習環境がありますので、短期合格も十分狙えます。

「とにかくとっつきやすい教材、講義がいい」、「短期間で合格ラインに達したい」という人はぜひフォーサイトを検討してみましょう。

\格安で合格率抜群・公式サイトはこちら/

フォーサイト行政書士講座の受講料は平均的

フォーサイト行政書士講座の受講料は他社と比較すると平均的な価格帯となってます。

受講料 割引制度 返金制度 教育訓練給付制度
スタディング 34,980円~ ×
キャリカレ 35,100円
(割引中)

(全額返金可)
×
アガルート 43,780円~
(種類豊富)

(全額返金可)
×
フォーサイト 51,800円~
(全額返金可)
クレアール
55,000円~
(割引中)
ユーキャン 63,000円 × ×
東京法経学院 56,460円~
(割引中)
×
(全額返金可)
×
資格スクエア 165,000円
(割引中)
×
伊藤塾
188,000円
(割引中)
×
資格の大原 193,000円
(割引中)
-
LEC
205,000円
(割引中)
TAC 198,000円
(割引中)

※2023年2月時点での受講料です。早割・その他各種割引キャンペーンなどで頻繁に変動しますので正確な受講料は公式サイトにてご確認ください。

上記の通り、フォーサイトは大手よりはだいぶ安く、通信講座の中では平均的といったところです。

近年では、数万から5万円程度のも増えてきており、スタディングやクレアールなどはフォーサイトよりもさらに安いです。

ただ、カリキュラム面ではフォーサイトも劣ってませんし、合格率も高いので、少々高くとも受講する価値はあります。

加えて、最大60%の割引がきくダブルライセンス割引、受講料が20%オフとなる教育訓練給付金制度の利用も可能であるなど、受講料が安くすむ手段もあるので、うまく活用すればさらに安くなります(詳しくは後述)。

口コミではフォーサイトは安いという方もいらっしゃいました。

教材やカリキュラムなどのクオリティー、合格実績なども考慮すると、フォーサイトはかなりコスパは良く、一押しの講座です。

\格安で合格率抜群・公式サイトはこちら/

安い行政書士通信講座おすすめランキング!徹底比較しました!【2023年最新】

続きを見る

フォーサイト行政書士講座の口コミ・評判

フォーサイト行政書士講座の口コミ・評判をまとめてみました。

良い口コミ・評判

フォーサイト行政書士講座のテキストの口コミや評判を見ると、わかりやすいという良い評価のものが多かったです。

口コミでは、行政書士試験における過去問の重要性を説いている人が多いです。

私の経験でも、過去問を完璧にしたあたりで模試などで合格ラインを安定的に超えるようになりました。

フォーサイトの講義時間が多すぎないことは復習がしやすく、アウトプットに時間を割けるので、メリットが大きいです。

理解が難しい論点、覚えられない論点を繰り返し視聴すれば、記憶の定着が容易になるでしょう。

\格安で合格率抜群・公式サイトはこちら/

悪い口コミ・評判

全体的に教材やカリキュラム面で情報量が足りないのでは?という声が共通して見受けられました。

フォーサイトでは合格に必要な知識をある程度絞って教材・カリキュラムが作られていることも関係しているのだと思います。

フォーサイトだけで受かった人も多いので、フォーサイトでは受からないというわけではないですが、人によっては情報量が足りないと不安を感じてしまうのかもしれません。

フォーサイト行政書士講座の体験レビュー

フォーサイト行政書士講座では資料請求することで無料体験できます。

上記は実際に資料請求した時に届いた送付物一覧です。

資料請求してもらえる物

・サンプルDVD
・サンプル教材見本
・行政書士スピード合格講座
・6ヵ月で行政書士
・効率学習法
・合格体験記
・ManaBun
・会社案内
・料金表

サンプルの教材や講義DVDが見れますので、受講前にしっかり見ておき、受講すべきかの判断材料としたいところです。

実際、サンプルテキストを見てみましたが、フルカラーがとてもカラフルで見やすく、図解イラストや図表も豊富で、完全初学者でも具体的なイメージを持ちつつ理解が進むなと思いました。

加えて、「合格体験記」や学習法をまとめた「6ヵ月で行政書士」という本ももらえます。

「6ヵ月で行政書士」は勉強法に関してかなり詳しく解説してますので、これから行政書士試験の勉強を始めるという人には参考になると思います。

また、資料請求するだけで割引を受けることが可能です(キャンペーン実施時期にもよります)。

安く受講するためにも資料請求しておいたほうがよいでしょう。

口コミでも資料請求してみたという声が多く確認できます。

申し込みをしてから送られてくるまで早いと評判でした。

また、資料請求したからといって、しつこい営業の連絡がくるわけではなく、口コミでも学習法などに関するメールがくるくらいとの声がありました。

筆者が資料請求した時も営業の電話などはありませんでした。

⇒フォーサイト公式サイトで資料請求ページをチェック

【口コミあり】フォーサイト行政書士講座と他社との比較

本章では、フォーサイト行政書士講座を、他社と項目別に比較しつつ、口コミや評判と合わせて詳しく紹介していきます。

テキストは質が高い

フォーサイト行政書士講座と他社とをテキストで比較すると以下の通りです。

カラー 図解イラスト オンラインでの閲覧 サンプル教材
フォーサイト フルカラー 可能 資料請求可能
アガルート フルカラー 可能 資料請求可能
ユーキャン フルカラー 可能 不可
クレアール
2色刷り 可能 資料請求可能
スタディング フルカラー 可能 Webで無料体験

上記の通り、近年では、フルカラー対応してるところが多くなっており、内容も文字中心から図解イラスト・図表を多く取り入れてきてる傾向にあります。

実際読み比べましたが、フォーサイトのテキストはかなりカラフルで、図解イラストや図表が充実しており、初学者でも大変読みやすいです。

行政書士試験は普段なじみのない法律用語や事例が多いですから、なるべく記憶に残りやすいテキストを選ぶことは大事です。

上記は資料請求して届いたサンプルテキストですが、ご覧の通りイラストが多く、難しい論点が出てきてもイメージでき、理解&復習しやすくなってます。

行政書士試験の内容は似たような論点や理解が難しい論点が多いので、図表によって知識を整理したり、試験直前の総復習をしたりすることが効果的です。

図表だと視覚的に覚えることができ、本番当日でも素早く思い出すことができるでしょう。

情報量も効率を重視して必要最小限なので、とにかく無駄を省いているという強みもあります。

口コミでもフォーサイトのテキストはわかりやすいと評判でした。

テキストという面では各スクールの中でもトップクラスのクオリティーだと思います。

例えば、クレアールは以下の通り2色刷りです。

2色刷り自体はシンプルで悪くありませんが、図解イラストが少なく、人によっては理解しにくかったり、学習してて飽きてしまったりするかもしれません。

テキストは長く付き合う教材なので、しっかり比較検討しておくことをおすすめします。

行政書士通信講座6社をテキストで徹底レビュー!

続きを見る

講師は丁寧でわかりやすい

特徴 わかりやすさ 聴きやすさ 講師歴の長さ 評判・口コミの多さ
アガルート
豊村慶太講師
情熱的 17年以上
LEC
溝慎一郎講師
理知的 20年以上
フォーサイト
福澤茂樹講師
親しみやすい 20年以上
スタディング
竹原健講師
理知的 20年以上
クレアール
杉田徹講師
理知的 20年以上

上記は筆者の独断と偏見で各スクールの講師を比較したものです。

他社の講師と比較しても、福澤繁樹講師の講義の質は高いと思いました。

福澤繁樹講師はやわらかい口調で、初学者にもわかりやすく説明してくれますし、比較的ゆっくり話してくれるので、置いていかれる心配もなさそうです。

以下は福澤繁樹講師のサンプル講義動画。

聞きやすい声質でもあるので、聞いていて疲れないのも魅力と思いました。

口コミでも福澤講師の解説がわかりやすい、聴きやすいという声が多かったです。

もっとじっくり講義を聴きたいという人は資料請求をしてサンプル講義のDVDを視聴してみることをおすすめします。

行政書士講座・講師ランキング厳選6選!カリスマは誰?

続きを見る

講義時間は短め

講義時間
オンスク 約25時間
スタディング(基礎講座) 約34時間
フォーサイト(入門講座+基礎講座) 約47.5時間
TAC(基本講義) 約137.5時間
伊藤塾(合格戦略編+入門編+基礎力完成編) 約166時間
クレアール(基本講義) 約170時間
LEC(法律入門講座+合格講座) 約179時間
アガルート(入門総合講義) 約164時間~188時間

上記は各社が提供してる宅建講座の主要なインプット講座の講義時間を比較したものです。

フォーサイトのインプット講義である「入門講座+基礎講座」は約47.5時間とかなり短いことがわかります。

これはフォーサイトが「合格点主義」を掲げていて、合格に必要な知識を絞っていることが関係しているのだと思います。

講義時間が長いほうがじっくり解説を聞けて理解が深まり、論点も広く覚えていくことが可能です。

しかし、その分勉強時間も多く要することになり、本試験まで日数がなく、普段忙しい人などは消化不良となるリスクもあるでしょう。

フォーサイトならインプットを早めに終わらせて、過去問演習などアウトプットへ多めに時間を回せるメリットもあります。

口コミでも、フォーサイトの講義時間が短いことで、アウトプットに時間を使えたという声がありました。

アウトプット重視の人とは相性が良いかもしれません。

また、最短距離で合格ラインに達し、短期合格を目指すならフォーサイトのほうが適しているとも言えます。

行政書士講座9社の講義時間一覧!短いのはどこ?【2022年最新】

続きを見る

合格率は全国平均より数倍高い

合格率・合格実績
アガルート 42.14%(2021年度)
37.9%(初受験:2021年度)
46.15%(複数回受験:2021年度)
合格者数217名(うちカリキュラム受講者159名)
フォーサイト 38.0%(2021年度)
合格者数200名
LEC
53.8%(2021年度)
スタディング 合格者数90名(2021年度「合格者の声」掲載人数)
ユーキャン 合格者数167名(2020年度)
TAC 合格者数118名(2021年度)
伊藤塾
合格者数100名超(2021年度「合格者の声」掲載人数)
クレアール
合格者数105名(2021年度)
資格の大原 合格者数45名(2021年度)
キャリカレ 合格率・合格実績は非公表(合格体験記はあり)

上記は各予備校・スクールの合格実績をまとめたもので、通信講座の中では、合格率を公表しているのはフォーサイトとアガルートだけであることがわかりました。

大手予備校LECには及びませんでしたが、少し低いくらいで大差ありません。

フォーサイトは初学者にやさしいフルカラーテキストや講義、充実したオンライン学習環境、サポート体制などにより、この高い合格率を実現できているのだと思います。

また、カリキュラムを合格のために本当に必要な知識を絞っていることも、受講生がより受かりやすいようになっているのでしょう。

スマホでスキマ時間に学習可能

オンライン対応 オンライン講義 テキスト閲覧 問題演習 その他機能
スタディング 勉強仲間機能
学習フロー
学習レポート
マイノート機能
検索機能
スタディングアプリ
AI問題復習
学習Q&Aサービス
フォーサイト eライブスタディ
訂正情報
合格カード
用語集
学習スケジュール
資格マンガ
質問箱
アガルート × -
ユーキャン スケジュール・課題管理
クレアール -

フォーサイト行政書士講座では、独自のeラーニングシステム「ManaBun」を利用することができ、オンライン学習環境が非常に充実してます。

「ManaBun」を通して、オンライン講義やテキスト閲覧、問題演習など、学習の大部分をオンラインで行うことが可能。

上記の表にもある通り、他社と比べてその他の機能も豊富で、学習スケジュールを立てたり、質問ができたりと、「ManaBun」には多くの学習管理機能も集約されてます。

スマホで過去問演習もできる

バリューセット3限定ではありますが、スマホで過去問一問一答演習も可能です。

過去問題の選択肢を一問一答形式に再構成した上で演習できるというもので、得意不得意に合わせたアウトプットができるようになってます。

スマホで本格的な過去問演習ができるのは他社にはあまりなく、フォーサイトの強みと言えます。

こうした「ManaBun」の豊富な機能をうまく活用すれば、通勤時や休憩時などスキマ時間を使った学習で合格に近づけるでしょう。

口コミでもスマホ学習を活用されている方が多く見受けられ、スマホで学習を完結できたという人もいて、そのオンライン学習のの充実度が評判でした。

スマホ学習ができる行政書士講座8選を紹介!スキマ時間で効率学習!

続きを見る

質問・フォロー制度は平均的

質問制度 質問方法 回数制限 回答者 その他
アガルート Facebook 無制限 講師 AWESOMEコンサルティング
クレアール
Eメール
FAX
無制限 - -
フォーサイト eラーニング
「ManaBun」
バリューセット1:10回
バリューセット2:15回
バリューセット3:25回
合格スタッフ -
ユーキャン メール
郵送
1日3問まで - 添削指導
伊藤塾
マイページ 1日1件まで
(年間365件まで)
講師
合格者スタッフ
オンライン質問会
パーソナルトレーナー講師制度
LEC
教えてチューター - フォロースタッフ おしえてメイト
TAC 質問メール 「プレミアム本科生Plus」「プレミアム本科生」:80回
「その他本科生」:50回
「パック生」:10回
講師
スタッフ
オンラインフォローシステム「i-supprt」
質問教室・直前ホームルーム
資格の大原 メール 1通1質問
50回まで
講師 -
キャリカレ - 無制限 講師 添削指導
就職転職サポート開業支援サービス
東京法経学院
質問票
質問フォーム(オンライン)
- - -
スタディング 学習Q&Aサービス 制限あり 講師 勉強仲間機能
オンスク × - - - みんなの学習相談

フォーサイトでは合格者スタッフによる質問受付制度があります。

質問はeラーニングシステム「ManaBun」から行うことができ、24時間いつでも受け付け、数日中に回答を受け取れる体制になっています。

質問のためにメールなどを作る手間がなくて便利です。

口コミでも質問制度を活用している方を確認できましたし、回答内容も丁寧で詳しいと好評でした。

残念ながら回答が遅い口コミもありました。

質問の時期やタイミングによっては迅速に返信をもらえないのかもしれません。

ただ、質問に回数制限があるというのがややデメリットとなってます。質問をかなりする予定だという人は注意してください。

口コミでも回数制限がある点にデメリットを感じている人は複数見受けられました。

行政書士通信講座の質問制度・フォロー体制まとめ!

続きを見る

不合格時の全額返金制度がある

利用可能な合格保証・返金制度
アガルート 合格特典(お祝い金5万(Amazonギフト券5万円分) or 全額返金)
フォーサイト 全額返金保証制度
クレアール
安心保証プラン(プラス30,000万円)
キャリカレ 全額返金保証
スタディング 合格お祝い金

フォーサイト宅建講座では、受講して万が一不合格の場合、一定条件で受講料を全額返金してくれる制度があります。

「全額返金保証制度」の主な条件

・全ての確認テストにおいて100点を取得すること

・専用試験(学力テスト)を受験し、以下の条件を満たすこと
-2022年度試験対策をご購入の方:専用試験(学力テスト)を1回受験し、得点が学力テスト受験者の上位22%に入ること
※2020年度行政書士試験、全国平均合格率10.7%の2倍を保証の基準といたします。
-2023年度試験対策をご購入の方:専用試験(学力テスト)を1回受験し、得点が学力テスト受験者の上位23%に入ること
※2021年度行政書士試験、全国平均合格率11.18%の2倍を保証の基準といたします。の基準といたします。

・本試験において以下の条件を満たすこと
合格基準点の85%を満たすこと(300点満点中180点で合格の場合153点以上)
足切りの点数以上を取得すること(「一般知識」で24点以上)

・合格発表後に必要書類を提出・教材の返送をすること
試験結果通知書(不合格)のコピー、本人確認書類のコピー、返金申請書、教材一式を弊社へご送付ください。

※正確な条件や申請方法、その他注意事項は公式サイトにてご確認ください。

上記は返金の条件を引用したものですが、要するに不合格というだけで返金を受けれるわけではなく、確認テストで一定の成績を収めるなどカリキュラムをしっかり消化していること、本試験で一定の成績以上であることなどが厳しく定められています。

口コミでも全額返金制度自体は好評ですが、条件が厳しいのでは?という声がありました。

ただ、学力テストで返金対象となる成績を収められた方の口コミもあったので、返金自体は不可能というわけでもなさそうです。

いずれにしても不合格となった場合の全額返金制度がある数少ないスクールとして貴重です(フォーサイト以外だとキャリカレがあります)。

不合格となった時のリスクをなるべく抑えたいならフォーサイトは有力な選択肢となるでしょう。

合格保証・返金制度のある行政書士通信講座5選を紹介!

続きを見る

ダブルライセンス割引がかなりお得

割引制度
アガルート 行政書士試験再受験割引制度
他資格試験合格者割引制度
他校乗換割引制度
ステップアップ割引制度
再受講割引制度
家族割引制度
グループ割引制度
「行政書士 実務講座/開業講座」割引制度
クレアール
20~30代割引
学生割引
法律系資格取得者&受験経験者割引
クレアール講座受講生割引
受験経験割引
フォーサイト ダブルライセンス割引
スタディング スキルアップ割引
ユーキャン 無し

フォーサイトにはダブルライセンス割引という割引制度があり、簡単に言うと、本スクールで所定のコースを受講したことがある人なら割引を受けることができるというものです。

最大で60%も割引されるということで、割引率としてはかなり高くなってます。

他社と比べると割引の種類は少ないかもしれませんが、60%という高い割引率はなかなかありません。

フォーサイトで受講した経験がある人、これから複数のコースを受ける予定の人はぜひ利用した割引制度と言えます。

割引制度のある行政書士通信講座10選を紹介!お得に受講しよう!

続きを見る

教育訓練給付制度の利用が可能

フォーサイト行政書士講座では教育訓練給付金制度の利用が可能です。

コース 価格 合格率
フォーサイト バリューセット1 54,800円 38.0%
フォーサイト バリューセット2 76,800円 38.0%
フォーサイト バリューセット3 94,800円 38.0%
クレアール
完全合格初学者カレッジコース通信 169,000円 非公表
クレアール
スピードマスターSコース 108,800円 非公表
クレアール
中級コース通信 159,000円 非公表
クレアール
中上級W受講コース通信 161,000円 非公表
LEC
行政書士パーフェクトコース 通学+(Web+音声DL) 235,000円 53.8%
LEC
行政書士パーフェクトコース(Web+音声DL) 235,000円 53.8%
LEC
行政書士パーフェクトコース(DVD) 270,000円 53.8%
TAC プレミアム本科生Plus(教室講座・ビデオブース講座・Web通信講座) 264,000円 非公表
TAC プレミアム本科生(教室講座・ビデオブース講座・Web通信講座) 242,000円 非公表
TAC プレミアム本科生Plus(DVD通信講座) 297,000円 非公表
TAC プレミアム本科生(DVD通信講座) 275,000円 非公表
ユーキャン 行政書士講座 63,000円 非公表

他の通信講座だと教育訓練給付金制度が利用できないところも少なくない中、利用できるのは強みと言えます。

利用することで20%の割引となり、かなりお得に受講できます。

講座受講にあたり、受講料がネックとなっている人は、教育訓練給付金制度の利用も合わせて検討しましょう。

教育訓練給付金制度利用可の行政書士講座5選をご紹介!

続きを見る

フォーサイト行政書士講座では足りない?【口コミあり】

フォーサイト行政書士講座では足りないという意見もあるようです。

実際、口コミでもフォーサイト行政書士講座は情報量的に足りない、他の教材も必要という声がいくつかありました。

こうした口コミがあるのは、フォーサイトは「合格点主義」ということで効率学習すべく、カリキュラムを必要最小限にしているからだと思います。

前述の通り、講義時間も他社より短めであることも関係してそうです。

ただ、フォーサイトから多くの合格者を出していることは公式サイトからもわかりますので、フォーサイトの教材では足りないとまでは言えないと考えてます。

いずれにしても、フォーサイトの教材はボリュームを良くも悪くも絞っていると思われるので、与えらえたカリキュラムをしっかり消化するということが大事なのではないでしょうか。

フォーサイト行政書士講座のコース一覧

フォーサイト行政書士講座のコースや受講料、教材・カリキュラム等について紹介していきます。

提供コース一覧

基礎講座 51,800円
過去問講座 51,800円
直前対策講座(記述問題対策編・一般知識対策編・択一対策編) 27,800円
バリューセット1(基礎講座+過去問講座) 54,800円
バリューセット2(基礎講座+過去問講座+直前対策講座) 76,800円
バリューセット3(基礎講座+過去問講座+直前対策講座+答練+過去問一問一答演習) 94,800円
直前対策講座(記述問題対策編) 10,800円
直前対策講座(一般知識対策編) 10,800円
直前対策講座(択一対策編) 10,800円
ペースメーカー答練講座 21,800円

※2022年11月時点での受講料です。割引キャンペーンなどで頻繁に変動しますので正確な受講料は公式サイトにてご確認ください。

上記の通り、受講料は教材・カリキュラムをどれだけ取るかによって変わってきます。

入門講義だけ聴きたいなら基礎講座だけ受けれますし、直前対策や答練まで全てのカリキュラムをフォーサイトで消化することも可能です。

パックで取ったほうがかなり安くなるので全て受講する予定なら最初からパックで取ったほうが良いでしょう。

単価講座として1つ1つ取れて、学習経験者向けには答練講座もあります。

自分が必要としている教材を選びやすくなっているのはメリットと言えます。

教材・カリキュラム

基礎講座 受講ガイド
戦略立案編
合格必勝編
入門講座テキスト
テキスト 7冊
法改正情報等
eラーニング ManaBun
確認テスト(eラーニング内)
合格カード
合格体験記
行政書士マンガ
無料メール質問 5回
過去問講座 受講ガイド
戦略立案編
合格必勝編
過去問題集 8冊
再現問題
模擬試験(2回分)
合格カード
法改正情報等
演習ノート
eラーニング ManaBun
行政書士マンガ
合格体験記
無料メール質問 5回
直前対策講座 ※記述問題対策編+一般知識対策編+択一対策編のセットの場合
・特別レジュメ 3冊
・eラーニング(一部)
・無料質問9回

上記の通り、初学者でも学習に入りやすいようマンガが用意されてますし、その他合格カードや合格体験記、法改正情報など教材は豊富です。

メール質問が無料なのもメリットですが、回数に制限があるのは注意すべき点です。

\格安で合格率抜群・公式サイトはこちら/

フォーサイト行政書士講座のバリューセットはどれがベスト?

バリューセット2がコスパ最強

フォーサイト行政書士講座のバリューセットはどれがベストか?という質問については、バリューセット2がカリキュラム、コスパを考慮して最適です。

バリューセット2は、基礎講座と過去問講座に加え、直前対策があり、直前対策で重要論点の総まとめ、記述・一般知識対策ができるため、アウトプット量的に安心できます。

行政書士試験は丸暗記だけだと難しい試験なので、アウトプットを重ね、問題に慣れることが大事です。

そのため、基礎講座と過去問講座だけのバリューセット1では少々物足りないと思います。

予算に余裕があり返金保証を利用したいならバリューセット3

答練と過去問一問一答演習があるバリューセット3が、アウトプット量がさらに多めで良く、過去問一問一答演習はスマホ学習が充実してるのも魅力です。

また、バリューセット3だけが全額返金保証制度の対象というのもあり、返金保証を利用したい人にとっては、バリューセット3が有力な選択肢と言えます。

しかし、価格的に高めとなってしまうので、予算的に厳しいという人も多いのではないでしょうか。

なので、予算的に余裕があるならバリューセット3、ないならバリューセット2をとりあえず取り、後になってどうしてもアウトプットが足りないと感じたら、模試を多めに解くという形でいいと個人的には思います。

まとめ

フォーサイト行政書士講座は初学者でも合格しやすい優良講座であることがわかりました。

大手予備校の行政書士講座だと20万前後しますので、フォーサイトの値段設定はお得となっています。

お金はあまり出せないが、独学で行政書士の勉強するのは難しそうという人にはフォーサイト行政書士講座はおすすめです。

本ブログでは行政書士試験に関する情報を幅広く紹介してますので他の記事もぜひ合わせてご覧ください。

  • この記事を書いた人

エムツー

法律完全初学者から行政書士試験に一発合格後行政書士事務所を開業(宮城県行政書士会所属) | 行政書士の試験勉強・開業・業務等の情報を発信 | 仕事・執筆・相互リンク等に関する各種ご相談はお気軽にお問い合わせください | ⇒運営者情報

-口コミ・評判, 行政書士講座