行政書士 行政書士講座

教育訓練給付金制度利用可の行政書士講座をまとめてご紹介

悩む人
教育訓練給付金制度を使って行政書士講座の受講を検討しているがどこがおすすめ?

本記事では上記のような疑問を解消していきます。

本記事でわかること

・教育訓練給付金制度を利用できる行政書士講座
・教育訓練給付金制度を利用する流れ

受講料の20%が戻って来る教育訓練給付金制度を利用して、行政書士講座を安く受講したいという人は少なくないのではないでしょうか。

行政書士講座ともなると、どこのスクールも高いので、20%と言えど馬鹿になりません。

そこで本記事では、行政書士合格済みの筆者が教育訓練給付金制度を利用できる行政書士講座を中心に紹介してきます。

教育訓練給付金制度とは?

教育訓練給付金制度とは、簡単に言うと、働く人のスキルアップを支援する制度で、受講費用の20%(上限10万円)が訓練修了後にハローワークから支給されます(パート・アルバイトや派遣労働者の方も対象)。

教育訓練給付金制度とは、働く方々の主体的な能力開発やキャリア形成を支援し、雇用の安定と就職の促進を図ることを目的として、厚生労働大臣が指定する教育訓練を修了した際に、受講費用の一部が支給されるものです。
参考:厚生労働省「教育訓練給付金制度」

全ての人が本制度を利用できるわけではなく、下記の通り、一定の条件がありますのでチェックしてみてください。


引用:厚生労働省「教育訓練給付金制度」

特に重要なのは「雇用保険の加入期間」で、少なくとも1年以上は求められます。

自分があてはまるかよくわからないという場合は、受講前にハローワークに確認しましょう。

⇒参考:ハローワーク「教育訓練給付金制度」

教育訓練給付金制度を利用できる行政書士講座一覧比較

教育訓練給付金制度を利用できる行政書士講座を一覧で比較すると以下の通りです。

コース 価格 合格率
フォーサイト バリューセット1 54,800円 38.0%
フォーサイト バリューセット2 76,800円 38.0%
フォーサイト バリューセット3 94,800円 38.0%
クレアール 完全合格初学者カレッジコース通信 169,000円 非公表
クレアール スピードマスターSコース 108,800円 非公表
クレアール 中級コース通信 159,000円 非公表
クレアール 中上級W受講コース通信 161,000円 非公表
LEC 行政書士パーフェクトコース 通学+(Web+音声DL) 235,000円 53.8%
LEC 行政書士パーフェクトコース(Web+音声DL) 235,000円 53.8%
LEC 行政書士パーフェクトコース(DVD) 270,000円 53.8%
TAC プレミアム本科生Plus(教室講座・ビデオブース講座・Web通信講座) 264,000円 非公表
TAC プレミアム本科生(教室講座・ビデオブース講座・Web通信講座) 242,000円 非公表
TAC プレミアム本科生Plus(DVD通信講座) 297,000円 非公表
TAC プレミアム本科生(DVD通信講座) 275,000円 非公表
ユーキャン 行政書士講座 63,000円 非公表

上記の通り、大手予備校だけでなく、通信講座も対象となっており、価格帯も様々であることがわかります。

LECやTAC、資格の大原など大手予備校はどこも20万円前後かかることが多く、教育訓練給付金制度を利用することで、数万円戻ってくることが期待でき、本制度の利用価値は大きいです。

ただ、大手予備校だと、教育訓練給付金制度を利用しても10万円を超えてしまいます。

それに対して、フォーサイトだと元々が10万以下なので、さらに安く受講できるということになります。

受講料が安いとクオリティーが心配という人もいるかと思いますが、フォーサイトは毎年高い合格率(令和3年度は全国平均の3.4倍の38.0%)の実績があり、大手と遜色ありません。

カリキュラムもインプットとアウトプット、そして直前対策もあって万全。

大手予備校は高いなと感じる方はフォーサイトもぜひチェックしていてください。

\格安で合格率抜群・公式サイトはこちら/

フォーサイト行政書士講座を評判・口コミと合わせて徹底レビュー!

続きを見る

教育訓練給付金制度を利用しなくても安くておすすめの行政書士講座は?

教育訓練給付金制度を利用できない講座も含め、行政書士講座を受講料で一覧比較してみると以下の通りです。

クレアール
51,250円(カレッジコース)※10月限定割引中
スタディング
34,980円(行政書士合格コース・ミニマム)
スタディング
44,000円(行政書士合格コース・スタンダード)
スタディング
59,400円(行政書士合格コース・コンプリート)
⇒48,400円(11/30まで割引中)
フォーサイト
51,800円(基礎講座のみ)
フォーサイト
54,800円(基礎講座+過去問講座)
フォーサイト
76,800円(基礎講座+過去問講座+直前対策)
ユーキャン 63,000円
アガルート
208,000円(入門総合ライトカリキュラム)
⇒145,600円(割引中)
アガルート
238,000円(入門総合フルカリキュラム)
⇒166,600円(割引中)
伊藤塾
208,000円(新・行政書士合格講座)
⇒178,000円(11/30まで割引中)
LEC
235,000円(パーフェクトコース)
⇒185,000円(10月末まで割引中)
TAC 242,000円(プレミアム本科生)
⇒176,000円(10/31まで割引中)
資格の大原 208,000円(行政書士入門合格コース)
⇒193,000円(12/24まで割引中)

上記の通り、スタディングは教育訓練給付金制度を利用できないですが、かなり格安の行政書士通信講座であることがわかります。

スタディングなら、「基本講座」だけならインプット専門コースである「行政書士合格コースミニマム」が34,980円から受講でき、論点整理、答練、模試までフルセットの「行政書士合格コースコンプリート」でも59,400円という安さです。

オンライン学習環境も業界トップクラスに充実しており、スマホだけで講義視聴やテキスト閲覧、問題演習など全ての学習を完結させることが可能。

仕事や家事などで普段忙しいという方でも、スタディング行政書士講座なら、スキマ時間を有効活用して、効率的に学習を進めることができるでしょう。

教育訓練給付金制度を利用できるスクールの中では選べなかったという方はスタディング行政書士講座をチェックしてみてください。

\スキマ時間で合格・公式サイトはこちら/

スタディング行政書士講座の評判・口コミは?徹底レビューしました!

続きを見る

教育訓練給付金制度を利用する流れ

教育訓練給付金制度を利用する大まかな流れは以下の通りです。

教育訓練給付金制度利用の流れ

①受給資格・要件の確認
②講座の申込(講座で要確認)
③修了認定基準を満たす
④スクールから申請に必要な書類をもらう
⑤ハローワークにて申請手続き

まず大前提として、教育訓練給付金制度の受給資格・要件の確認をします。

自分に支給資格があるかわからない、確認しておかないと不安だ、という方はハローワークにて正確な情報がわかりますので、事前に聞いておきましょう。

講座申込時にも、教育訓練給付金制度利用の意思表示が必要です。

例えば、フォーサイトでは、対象講座への申し込み時に、「教育訓練給付金制度」の項目にて【希望する】にチェックを入れて申し込み、受講期間内に利用申請(必要情報と本人確認書類のご提出)を行うことが求められてます。

修了認定基準もスクールによって様々であり、フォーサイトでは、「受講期間内にeラーニングの「確認テスト」を全回実施し、全回80点以上得点すること」が基準となってます。

⇒参考:フォーサイト「教育訓練給付金制度について」

受講した後で教育訓練給付金制度を利用できなかった、ということがないように受講予定のスクールにて教育訓練給付金制度の利用方法などについて詳しく確認しておいたほうがよいでしょう。

まとめ

今回は教育訓練給付金制度と行政書士講座について紹介させていただきました。

行政書士講座の受講料はどこも高いので、教育訓練給付金制度を利用するかどうかで経済的な負担は大きく変わってきます。

コスパよく講座を受講するためにも、教育訓練給付金制度はぜひ利用しましょう。

ご紹介したように、本制度の利用要件や利用方法はやや複雑なので、受講前にハローワークやスクールへ確認することをおすすめします。

行政書士に合格するための完全ロードマップ【法律初学者向け】

続きを見る

  • この記事を書いた人

エムツー

法律完全初学者から行政書士試験に一発合格後行政書士事務所を開業(宮城県行政書士会所属) | 行政書士の試験勉強・開業・業務等の情報を発信 | 仕事・執筆・相互リンク等に関する各種ご相談はお気軽にお問い合わせください | ⇒運営者情報

-行政書士, 行政書士講座