行政書士開業

行政書士向けクラウドソーシングサイトおすすめ4選を紹介!

悩む人
行政書士の仕事探しとしてクラウドソーシングサイトを考えている。どんな仕事があるんだろう?おすすめのサイトを知りたい。

本記事では上記のような疑問を解消していきます。

本記事でわかること

・行政書士向けおすすめクラウドソーシングサイト
・行政書士がクラウドソーシングサイトを利用するメリット
・行政書士がクラウドソーシングサイトでできる仕事

ネットでの営業方法の1つとしてクラウドソーシングサイトを考えているという人もいるのではないでしょうか。

クラウドソーシングサイトは営業が比較的しやすく、仕事を見つけやすいので、開業間もない行政書士事務所でも仕事を取れる可能性があります。

本記事では、行政書士開業済みの筆者がクラウドソーシングサイトのおすすめやメリット、どんな案件があるか、などについて紹介していきます。

【行政書士向け】おすすめクラウドソーシングサイト

行政書士向けのおすすめクラウドソーシングサイトは以下の通りです。

行政書士向けのおすすめクラウドソーシングサイト

・ミツモア
・ココナラ
・クラウドワークス
・ランサーズ

本章にて1つ1つ紹介していきます。

ミツモア

ミツモアは暮らしからビジネスまで幅広くプロに依頼できる国内最大級の見積もりサービスです。

行政書士としては、各種許認可や入管業務、遺言書作成、会社設立など様々なカテゴリーがあります。

仕組みは、ユーザーが見積依頼して、候補となる行政書士が選びだされ、ユーザーがその中から1人を選べば案件獲得となります。

登録時に初期費用はかからず、手数料は案件受注時にかかる程度です。

クラウドソーシングサイトの利用を考えているならミツモアはまず検討しておきたいサービスと言えます。

\無料で事業者登録・公式サイトはこちら/

ココナラ

ココナラは国内最大級のスキルマーケットとして有名なサイトです。

仕組みとしては、ワーカーが自分のスキルを商品として出品し、それを見たユーザーが購入するという形となってます。

例えば、行政書士側は契約書作成しますという商品を出品し、契約書作成を依頼したいユーザーが購入するという流れです。

提供する商品は常にココナラ上に表示されてますから、事務所の宣伝効果も期待できるでしょう。

\日本最大級のスキルマーケット/

クラウドワークス

クラウドワークスは国内最大級のクラウドソーシングサイトです。

仕組みとしては、ここまで紹介してきたミツモアやココナラとは異なり、クライアントがサイト上に募集をかけ、それに行政書士が応募するという形となります。

国内最大級とあって様々な案件があるので、クラウドソーシングに興味があるならまず登録しておきたいサイトです。

また、Webライター案件もかなり多いため、行政書士としての知見を活かし、法律系ライター案件の受注もできます。

\国内最大級の総合系クラウドソーシングサイト/

ランサーズ

ランサーズもクラウドワークスと並んで国内最大級のクラウドソーシングサイトです。

クラウドワークスと同じく総合系のサイトなので、様々なジャンルの案件があります。

クラウドワークスとセットで登録して、いい案件がないかチェックしましょう。

\満足度・運用実績No.1・公式サイトはこちら/

行政書士がクラウドソーシングサイトを利用するメリット

行政書士がクラウドソーシングサイトを利用するメリットは以下の通りです。

行政書士がクラウドソーシングサイトを利用するメリット

・営業をする必要がない
・実績を残すことができる
・仕事がネットで完結する

本章にて1つ1つ説明していきます。

営業をする必要がない

クラウドソーシングサイト上ではクライアントがすでに仕事の募集をかけている状態なので、行政書士側から営業する必要がありません。

特にミツモアやココナラだと逆にクライアントから依頼が来る形となってます。

リアルだと交流会に参加したり、人から紹介を受けたりして、顧客を開拓していかなければならないですが、クラウドソーシングサイトではそうした過程がないです。

リアルでの営業に時間とお金がかかり過ぎているという人は、クラウドソーシングサイトの利用を検討しましょう。

実績を残すことができる

クラウドソーシングサイトでは、プロフィール上に仕事の受注実績などが表示されます。

行政書士としてどんな仕事をしてきて、顧客からどんな評価を受けたのかが一目瞭然です。

最初の仕事を受注するのは大変ですが、そうやって積み重ねていけば、実績ある行政書士として信頼され、仕事の受注がしやすくなるでしょう。

仕事がネットで完結する

クラウドソーシングサイトでの仕事は基本的にネット上にて完結するため、リアルで顧客と会ってミーティングしたり、資料を受け取ったりする必要がありません。

ミーティングするにしてもZoomなど無料のオンライン会議ツールがあります。

そのため、地方在住の行政書士さんでも仕事の受注ができます。

リアルでの営業や仕事が物理的になかなか難しい状況にある方は、まずはクラウドソーシングサイトの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

行政書士がクラウドソーシングサイトでできる仕事

行政書士がクラウドソーシングサイトでできる仕事の一例は以下の通りです。

・許認可申請
・契約書作成
・補助金や助成金
・法律系Webライター案件

ここではクラウドソーシングサイトでよく見かける行政書士関連の案件について1つ1つ紹介していきます。

許認可申請

行政書士の中心業務である許認可申請は、建設業許可や古物商許可、宅地建物取引業許可など様々です。

主にミツモアやココナラでよく見受けられます。

契約書作成

契約書作成はクラウドソーシングサイト全般でよく見かけます。

一例として、フリーランスとして活動する人向けの業務委託契約書の作成依頼などの需要が高いです。

補助金・助成金

各種補助金・助成金の申請代行依頼も需要が高い分野です。

資金調達関連は税理士が行っていることも多いですが、書類作成を専門としている行政書士に頼むクライアントも多いです。

【行政書士が解説】個人事業主向け資金調達方法11選をご紹介

続きを見る

法律系Webライター案件

行政書士本来の業務ではないですが、法律系のWebライター案件も一定割合であります。

相続や補助金・助成金などをテーマとした記事執筆・監修を専門家である行政書士に依頼したいという需要は高いです。

Webライター案件は未経験でも取りやすく、初めてクラウドソーシングサイトを利用する人に大変おすすめです。

実績がなく採用されるか不安、という場合でも、当サイトのようにブログを開設して、記事を執筆しておけば、ある程度経験者とみなされ、Webライター案件を取りやすいです。

行政書士としてまだ専門分野がなく、顧客もいないという場合はWebライターから始めてみてはいかがでしょうか。

※Webライター・ブログの始め方については下記の記事もぜひ合わせてご覧ください。

行政書士資格はWebライターに最適!メリットと始め方を解説!

続きを見る

【行政書士向け】ブログの始め方・メリットを徹底解説【簡単10分で開設】

続きを見る

まとめ

今回は行政書士がクラウドソーシングサイトを利用するメリットやおすすめサイトを中心に紹介させていただきました。

クラウドソーシングサイトはネットで仕事を獲得する方法として最適です。

リアルでの営業活動が難しい地方在住の方でも行政書士として活動できるでしょう。

ご紹介したように無料で利用できるクラウドソーシングサイトは多いです。ぜひ1つ1つチェックしてネットでの仕事獲得に役立ててください。

※これから行政書士事務所を開業する予定の方は下記の記事もぜひ合わせてご覧ください。

行政書士開業の流れ・手続きを解説!準備すべきものを把握しよう!

続きを見る

行政書士の開業に必要な費用・登録料・入会金を解説

続きを見る

-行政書士開業