テキスト 行政書士教材

「うかる! 行政書士 総合テキスト」の評判は?徹底レビューしました!

悩む人
伊藤塾が出版している行政書士試験向けテキストが気になっている。テキストとしてのメリット・デメリットを詳しく知っておきたい。

本記事では上記のような疑問を解消していきます。

本記事でわかること

・「うかる! 行政書士 総合テキスト」の特徴
・「うかる! 行政書士 総合テキスト」のメリットとデメリット
・「うかる! 行政書士 総合テキスト」に関する評判や口コミ

「うかる! 行政書士 総合テキスト」は数あるテキストの中でも人気で、本テキストを利用して合格したという人は多いです。

3年連続で売上No1を記録しており、信頼と実績があります。

ただ、テキストは相性もありますので、一番大事なのは自分に合ったものを選ぶことが大事です。

購入前にテキストの特徴をしっかり見極めていきたいところです。

そこで本記事では、「うかる! 行政書士 総合テキスト」の特徴やメリット・デメリット、利用者の評判などを詳しく紹介していきます。

伊藤塾「うかる! 行政書士 総合テキスト」とは?

出版元 伊藤塾
価格 3,300円
カラー フルカラー
六法の付属 別冊六法が付属
問題形式 「ファイナルチェック」問題あり
ページ数 840ページ(別冊六法を除く)

「うかる! 行政書士 総合テキスト」は、法律系の予備校である伊藤塾が出版しているフルカラーのテキストで、解説のわかりやすさに評判があります。

適度に図や表も交えて説明をしているため、初学者でも安心です。

確認問題があるのでアウトプットにも使えて、付属している別冊六法を利用すれば条文学習もでき、使い勝手が良いです。

いきなり本テキストは難しいと感じる人向けには入門書である「うかる! 行政書士 入門ゼミ」もあります。

次章にて本テキストのメリットを詳しく紹介していきます。

「うかる! 行政書士 総合テキスト」のメリット

本章では、「うかる! 行政書士 総合テキスト」のメリットについて説明していきます。

意義・要件・効果に分けて詳しい解説


「うかる! 行政書士 総合テキスト」の一番のメリットは解説部分で、個々の論点を意義・要件・効果に分けてわかりやすく解説されてます。

特に意義の部分では、条文がどのような制度趣旨の下で作られたのかがわかるようになっていて理解が進みます。

うかる_行政書士_総合テキスト_解説

具体的な事例も交えながら解説しているので、イメージもわきやすいです。

制度趣旨に関する解説が薄いと、「なぜこの条文はこういう規定になっているのだろう?」という疑問が付いて回りますが、本テキストならそうした心配はありません。

制度趣旨を理解できれば、記憶に定着しやすいですし、本番で悩む問題に遭遇しても、制度趣旨を元に考えてれば正答にいたる可能性が高くなります。

うかる_行政書士_総合テキスト_要件_効果

上記の通り、要件・効果それぞれに分けて解説しているため、条文の構造がわかりやすいです。

記述問題を考える上でも、条文上どこがポイントなのか明確になって、学習が進むと思います。

図表・イラストでの説明も充実している

うかる_行政書士_総合テキスト_図表_イラスト
図やイラストも交えながら解説しているため、抽象的な法律用語でもイメージがわきやすく、理解が進みます。

図表によって、知識の整理がつきますし、直前期の総復習時にも知識のチェックが効率的に行えます。

法律初学者でも飽きずに進めることができて、着実に実力をつけることができるでしょう。

別冊で六法も付属している

うかる_行政書士_総合テキスト_六法
別冊六法が付属しているため、条文に特化した学習もできます。

記述問題などは特に条文の素読が有効で、何回も読んでおくことにより、条文をより理解し、必要なキーワードを正確に思い出せるようになります。

取り外しができますから、持ち運びに便利で、外出先での学習もしやすいでしょう。

うかる_行政書士_総合テキスト_六法

ただ、上記の通り、重要キーワードが赤色になっているなどの仕様ではありません。

「みんなが欲しかった」シリーズや、「合格革命」シリーズなど他社のテキストでは重要項目が赤色になっているものもあります。

そのため、自分で勉強しやすいようにカスタマイズする必要があるかと思います。

行政書士向けおすすめ六法4選!使い方と合わせて紹介!

続きを見る

章末の問題でアウトプットできる

うかる_行政書士_総合テキスト_問題
個々の分野には章末に「ファイナルチェック」という確認問題も収録してあり、簡単なアウトプットもできます。

問題の数は少なく、問題文自体も短いので、インプットした内容を手軽にチェック可能。

確認問題で問題慣れしておけば、テキストを読んだ後に過去問集への移行もしやすいでしょう。

「うかる! 行政書士 総合問題集」の評判は?徹底レビューしました!

続きを見る

行政書士のおすすめ過去問集8選を紹介!比較レビューしました!

続きを見る

側注でもポイント解説


側注でも重要ポイントを補足的に解説されており、重要知識の肉付けを行えます。

重要過去問も掲載しているので、合わせて解いておけば得点力のアップも期待できます。

学習初期は側注までしっかり読む余裕はないかもしれませんが、学習の進度に応じて、側注の解説も押さえておけば、より実力アップできるでしょう。

「うかる! 行政書士 総合テキスト」のデメリット

本章では、「うかる! 行政書士 総合テキスト」のデメリットについて説明していきます。

分冊は不可

六法だけでは別冊となっており、取り外しできますが、それ以外の部分は分冊ができません。

本体部分は800ページ超なので、気軽に持ち運びできるものではないと思います。

この点に関しては、分冊できる「みんなが欲しかった」シリーズや、「合格のトリセツ」シリーズに劣る部分と言えます。

ただ、どうしても本テキストを利用したいが分冊がいいという場合は、自力で裁断して分冊するというのも手です。

「みんなが欲しかった! 行政書士の教科書」を徹底レビュー!メリット・デメリットを解説

続きを見る

「行政書士 合格のトリセツ 基本テキスト」の評判は?徹底レビューしました!

続きを見る

索引が用語しかない

巻末にある索引が用語索引しかありません。

他社のテキストでは、判例索引もあったりしますので、判例を調べるためにテキストをよく参照するという人にとってはやや不便です。

問題集を解いていて、判例をテキストで復習したいという場合は、問題集にテキストのページを書き込むといったことも必要となってくるでしょう。

行政書士向け判例集おすすめ4選を紹介!

続きを見る

Kindle版は無し

Kindle版はないので、紙媒体でしか学習できないです。

現状、Kindle版に対応した行政書士テキストは多くありません(対応しているのは「合格のトリセツ」・「出る順」シリーズ)。

スマホやタブレットなどでテキストを読みたいという人も少なくないかと思います。例えば、通勤電車内でスマホやタブレットにて勉強したいといった場合です。

忙しい人にとっては学習時間の捻出が重要なので、Kindle版に対応した行政書士テキストも検討してみることをおすすめします。

「出る順行政書士 合格基本書」の評判は?メリット・デメリットを徹底レビューしました!

続きを見る

「うかる! 行政書士 総合テキスト」を他のテキストと比較

伊藤塾「うかる! 行政書士 総合テキスト」を他のテキストと比較してみると以下の通りです。

カラー 問題 六法 分冊 Kindle版
合格革命 行政書士 基本テキスト フルカラー 有り 有り 不可 無し
みんなが欲しかった! 行政書士の教科書 フルカラー 有り 有り 可能 無し
うかる! 行政書士 総合テキスト フルカラー 有り 有り 不可 無し
出る順行政書士 合格基本書 2色刷り 無し 有り 不可 有り
行政書士 合格のトリセツ フルカラー 有り 有り 可能 有り
スッキリわかる行政書士 2色刷り 有り 無し 不可 無し

他と比べて、価格や六法付属の有無、問題の収録などで大きな差はありません。

「合格革命 行政書士 基本テキスト」や「みんなが欲しかった! 行政書士の教科書 」と比べると、ページ数が少ないですが、別冊六法を含めないページ数なので、大きな差はないです。

ただ、「みんなが欲しかった! 行政書士の教科書 」のほうが図やイラストがやや多いかなという印象を受けますので、その差かなと考えてます。

私が見た限り、制度趣旨に関する説明は「合格革命 行政書士 基本テキスト」や「みんなが欲しかった! 行政書士の教科書 」よりも、基礎からわかりやすくなされています。

条文の制度趣旨からしっかり理解したいという人にはおすすめの1冊です。

※テキスト比較については下記の記事をご覧ください。

行政書士のおすすめテキスト6選を紹介!比較レビューしました!

続きを見る

「うかる! 行政書士 総合テキスト」に関する口コミや評判

「うかる! 行政書士 総合テキスト」に関する口コミや評判をまとめてみました。

「うかる! 行政書士 総合テキスト」を使っている人の口コミは多かったです。

ただ、賛否はいろいろとあり、人によって合う合わないがあるように見受けられます。

解説が詳しいのをメリットとして紹介しましたが、難しく感じるケースもあるかもしれません。

まとめ

今回は「うかる! 行政書士 総合テキスト」のレビューをさせていただきました。

ポイントは以下の通りです。

本記事のポイント

・制度趣旨の解説が充実
・図やイラストも豊富
・別冊で六法も付属
・分冊しての使用は不可
・理解重視の人におすすめ

制度趣旨関連の解説に関しては数あるテキストの中でも一番詳しくて、わかりやすいです。

法律の成り立ちからしっかり理解した上で勉強していきたいという人には大変おすすめの1冊と言えます。

「うかる! 行政書士 総合テキスト」を使って確固たる基礎を固め、行政書士試験合格をぜひ勝ち取ってください。

※これから行政書士の勉強を始めるという人は下記の記事もご覧ください。

行政書士に合格するための完全ロードマップ【法律初学者向け】

続きを見る

  • この記事を書いた人

エムツー

法律完全初学者から行政書士試験に一発合格後行政書士事務所を開業(宮城県行政書士会所属) | 行政書士の試験勉強・開業・業務等の情報を発信 | 仕事・執筆・相互リンク等に関する各種ご相談はお気軽にお問い合わせください | ⇒運営者情報

-テキスト, 行政書士教材