行政書士業務

依頼する行政書士の選ぶポイントとは?依頼時に注意したい点と合わせて解説

悩む人
行政書士に依頼したいことがあるけど、どの行政書士に依頼したらいいのかわからない。

上記のような悩みを抱えていませんか?

行政書士事務所は数多くありますが、相談したい内容を適切に処理してくれるためにも、なるべく信頼できる行政書士に依頼したいですよね。

行政書士によってスキルや経験、報酬など様々なので、依頼者側として見極めることが大事です。

そこで本記事では、依頼する行政書士を選ぶポイントについて解説していきます。

依頼する行政書士の選び方

本章では、依頼する行政書士の選び方について具体的に説明していきます。

依頼内容を専門としているかどうか

依頼したい内容を専門として業務を行っている行政書士なら、的確なアドバイスをもらえて、スムーズに依頼内容を処理してくれることが期待できます。

行政書士が扱う書類は1万以上にも上り、全ての書類に関して精通している行政書士はなかなかいません。

そのため、依頼内容が実は初めて経験する分野で、解決まで時間がかかる、解決できなかった(申請が不許可になったなど)ということもありえます。

ですので、なるべく依頼内容を専門としている行政書士に頼むことをおすすめします。

きちんと話を聞いてくれるか

こちらが相談したい内容に関して親身になって話を聞いてくれるかどうかも大事です。

当然ですが、行政書士がお客様からの依頼を受けて業務を行うには十分なヒアリングをする必要があります。

しかし、そのヒアリングがうまくいかなければ顧客としては気分が悪いですし、肝心の依頼内容もスムーズに進みません。

最悪の場合、適切なヒアリングをしなかったがために申請が不許可になるということもありえます。

依頼する行政書士が信頼でき、こちらの事情を適切にヒアリングしてくれる人かどうか見定めるようにしましょう。

報酬が適格かどうか

行政書士の報酬は行政書士自身が自由に設定できるため、事務所によって報酬体系は様々です。

相場より高すぎるのも問題ですが、安すぎるのも注意したいところです。

相場より安すぎるのは、薄利多売で1件1件を効率的に処理することで経営が成り立っている可能性があるからです。

そのこと自体は悪くありませんが、依頼内容によっては時間をかけて十分なヒアリングしなければならないこともあります。

こちらの事情をしっかり把握しないまま、事務的に処理され、結果的に問題は解決しなかったということは避けたいところです。

ですので、報酬の安さだけで依頼先を決めず、きちんと相談に乗ってくれて、適切な対応をする行政書士に依頼しましょう。

行政書士に依頼する際の注意点

本章では、行政書士に依頼する際の注意点について説明していきます。

依頼内容を明確にしておく

まず依頼・相談したい内容をあらかじめメモに書くなどして準備しておき、行政書士にしっかり伝えるようにしましょう。

依頼し、行政書士が対応を始めた後で、「実はこうだった」といったことがあると、トラブルの元だからです。

報酬を確認しておく

正式に依頼する前に報酬をしっかり確認しておきます。

事務所のホームページに記載してある報酬より高くつくということはありえますので、直接確認したほうがよいでしょう。

また、追加の対応が必要となって、当初聞いていた報酬より高くついたというのは避けたいところです。

依頼内容によっては他の士業との連携が必要となるケースもあるので、その点も明確にしておいたほうが報酬をめぐるトラブルは避けることができます。

大まかなスケジュールを聞く

依頼内容により、仕事の完成までの期間は様々ですが、大まかなスケジュールは聞いておくことをおすすめします。

依頼したことが、無駄に時間をかけて処理されたり、放置されたりしてしまうこともありうるからです。

事業を開始するために店舗やその他備品を借りたりする場合、行政書士に依頼した申請が長引いてしまうのはそれだけで損失となってしまいます。

そうならないためにも、書類作成期間、役所への申請期間などそれぞれどれくらいの期間がかかるものなのかを聞いておきましょう。

まとめ

今回は依頼する行政書士の選び方について説明させていただきました。

行政書士によって専門分野・得意分野は異なりますので、なるべく特定のジャンルに強みのある事務所に依頼することをおすすめします。

また、こちらの事情を十分くみ取ってくれる行政書士なのかという点も重要です。

依頼したい内容を適切に処理してもらえるよう、行政書士選びは慎重に行うようにしましょう。

※行政書士ができる業務については下記の記事もご覧ください。

行政書士ができることとは?対応可能な業務範囲・相談できる内容をご紹介

続きを見る

-行政書士業務