行政書士業務

行政書士に記帳代行を依頼するメリットとは?どんな時に頼むべき?

悩む人
記帳代行は行政書士に頼めるって本当?どんなメリットがあるのか知りたい。

本記事では上記のような疑問を解消していきます。

本記事でわかること

・行政書士業務における記帳代行
・行政書士に記帳代行を依頼するメリット
・おすすめの記帳代行ソフト

記帳代行と聞くと税理士を思い浮かべる人も多いかと思いますが、実は行政書士にも依頼することも可能です。

税理士ほど税務処理を包括的に行えるわけではないですが、行政書士に依頼するメリットもあります。

本記事では、行政書士業務における記帳代行やその業務範囲、依頼するメリット・注意点などについて紹介していきます。

行政書士業務における記帳代行とは?

行政書士ができる記帳代行業務は、「行政書士法第1条の2」規定にある「事実証明に関する書類」の作成に該当しています。

行政書士は、他人の依頼を受け報酬を得て、官公署に提出する書類(その作成に代えて電磁的記録(電子的方式、磁気的方式その他人の知覚によつては認識することができない方式で作られる記録であつて、電子計算機による情報処理の用に供されるものをいう。以下同じ。)を作成する場合における当該電磁的記録を含む。以下この条及び次条において同じ。)その他権利義務又は事実証明に関する書類(実地調査に基づく図面類を含む。)を作成することを業とする。

引用:行政書士法第1条の2

上記の既定から、会計帳簿の作成や記帳代行が可能となってます。

注意点としては、行政書士の場合は税理士とは異なり税務申告まですることができないという点です。

記帳から税務申告まで包括的に依頼したいという場合は税理士に任したほうがよいでしょう。

行政書士に記帳代行をお願いするとしても、税理士との連携は密にしておくことをおすすめします。

行政書士に記帳代行を依頼するメリット

本章では、行政書士に記帳代行を依頼するメリットについて説明していきます。

料金が安いケースがある

税理士より行政書士に依頼したほうが料金が安いケースがあります。

一般的に、仕訳数に応じて月額料金が設定されていることが多いです。

一概には言えない部分ではありますので、行政書士だから安いと思わず、しっかり比較検討するようにしましょう。

企業支援サポートも受けることができる

行政書士は記帳代行以外にも数多くの書類を扱うことができ、様々な角度から企業支援のサポートを提供できます。

例えば、これからお店を開業する予定の場合、役所へ届け出る許可申請代行や、会社設立、補助金・助成金等の資金調達、などを包括的にサポートできます。

経営に関することも含めて相談したいという場合には、スタートアップ企業に関わることが多い行政書士に依頼するメリットは大きいでしょう。

【ケース別】記帳代行は行政書士と税理士どっちがいい?

本章では、ケース別に記帳代行を行政書士と税理士どちらに依頼したほうがよいのか検討していきます。

行政書士に依頼したほうがいいケース

行政書士に記帳代行を依頼したほうがいいケースは以下の通りです。

・記帳代行以外に相談したいことがある
・税理士に依頼するほどの量ではない
・税理士よりも安くすむ

前述の通り、行政書士は各種許認可や資金調達など相談がしやすいので、経営相談を定期的にしていきたいなら、行政書士に依頼したほうがコスパがよいでしょう。

また、税務処理をまとめて税理士に依頼すると顧問料が高くつくことが少なくありませんし、そもそも税理士に頼むほどでないなら、記帳代行だけ行政書士に頼んだほうがよいケースもあります。

税理士に依頼したほうがいいケース

税理士に記帳代行を依頼したほうがいいケースは以下の通りです。

・記帳から税務申告までまとめて依頼したい
・税務相談や節税対策などもお願いしたい
・税や会計のプロに安心して任せたい

行政書士にも税務に詳しい人はいるでしょうが、基本的には専門外ですし、税理士法違反のリスクもあって相談・依頼できることに限りがあります。

税務全般に関して依頼する予定なら、やはり税務全般を扱えて専門的な知識と経験が豊富な税理士に依頼するメリットは大きいでしょう。

記帳代行が得意な士業を探せるサービス

税理士ドットコム

「税理士ドットコム」は、日本最大級で利用者実績もNo.1の税理士紹介サービスです。

運営会社の弁護士ドットコム株式会社は上場企業なので信頼できますし、登録税理士は6200名以上で相談件数も19万を突破するなど、実績も申し分ありません。

都道府県別や得意ジャンル、顧問料など細かく条件を指定して検索可能。

紹介される側の利用料は無料なので、納得がいくまで希望に合った税理士を探すことができるでしょう。

税理士ドットコムを利用した人の71.4%が税理士報酬の削減に成功したデータもあり、すでに税理士と契約しているがコストカットしたいという人にとってもおすすめのサービスと言えます。

\利用者実績No.1・公式サイトはこちら/

税理士紹介ネットワーク

「税理士紹介ネットワーク」は、確定申告や税務顧問、相続などに関して税理士を探している事業主向けの税理士紹介サービスです。

サービスは無料で、仮に成約しても利用料は発生しません。

登録されている税理士も審査合格を経ており、一定の質を担保。

依頼者と税理士との間にコンシェルジュが仲介する形なので、自分に合った税理士を見つけやすいでしょう。

\完全無料・公式サイトはこちら/

【自力でやりたい人向け】おすすめの記帳代行ソフト

ここまで記帳代行について説明してきましたが、やはり士業に依頼するのは止めて自力でやろうという人もいるかと思います。

自分で帳簿付けするなら以下のソフトがおすすめです。

・やよいの白色申告オンライン&青色申告オンライン
・マネーフォワード クラウド確定申告

いずれも少ない簿記の知識で仕訳ができ、確定申告に必要な書類も作成できます。

かかる費用も安いプランなら年額で1万円を切るくらいなので、士業に依頼するよりコストがかかりません。

取引量的に士業へ依頼するほどでないなら記帳代行ソフト利用もおすすめです。

本章にて1つ1つ見ていきましょう。

やよいの白色申告オンライン・青色申告オンライン

「やよいの白色申告オンライン・青色申告オンライン」は弥生会計シリーズにおける個人事業主向けのソフトという位置付けです。

特徴は以下の通り。

・簿記知識が少なくても仕訳が可能
・領収書等をスマホで撮影してデータ取り込み
・確定申告書等の書類作成もできる
・セルフプランは年額8,000円(1年は無料)

取引データを自動で取り込み、自動で仕訳してくれるため、専門知識が少なくても効率的に帳簿付けができます。

全ての機能が使えて一番安いプランは「セルフプラン」は、年額8,000円という安さでありしかも最初の1年は無料なので、コスパ的大変優れてます。

記帳代行ソフトに興味があるという人はぜひセルフプランを試しに使ってみてください。

\セルフプランは初年度無料・公式サイトはこちら/

マネーフォワード クラウド確定申告

「マネーフォワード クラウド確定申告」は満足度No.1になるなどユーザーからの評価が高い記帳代行ソフトです。

特徴は以下の通り。

・簡単な操作で自動仕訳
・確定申告に必要な書類を自動作成
・口座の明細データを自動取得
・パーソナルミニプランで年額9,600円

副業している人で一番安いプランはパーソナルミニプランとなっており、年額プランだと9,600円なので1万を切ります(月額プランで980円/月)。

自営業・個人事業主向けにはパーソナルプランがあり、こちらは年額プランで11,760円(月額プランで1,280円/月)となってます。

パーソナルプランには1ヵ月の無料トライアル期間がありますから、興味ある方はぜひ試しに利用してみてはいかがでしょうか。

\満足度No.1・公式サイトはこちら/

まとめ

今回は行政書士に依頼できる記帳代行を中心に紹介させていただきました。

税理士に頼むほどではないなら記帳代行を行政書士に依頼するというのもおすすめです。

ただ、事務作業が中心の記帳代行と言えど、確定申告するうえで重要な情報を取り扱うには変わりませんので、士業選びは慎重に行うようにしたいところ。

ネット検索して、検索上位に出てきた士業だからといって信頼におけるとは限りません。

記帳代行業務を適切に処理してくれる士業を見つけるためにも、士業紹介サイトなども活用しましょう。

※行政書士の対応業務については下記の記事をご覧ください。

行政書士ができることとは?対応可能な業務範囲・相談できる内容をご紹介

続きを見る

-行政書士業務